お葬式に思うこと

お葬式に思うこと

お葬式とは

お葬式は、人が死んだことを弔うことを目的とした儀式です。死生観や宗教観といったものが反映される儀式で、我々人類がまだ文明を持っていなかった頃から、何らかの形で行われていたことが分かっています。
 
現在、私たちが行っているお葬式は、死者を弔うための行事ですが、実は私たちが大切な人の死を受け入れるために行っているとも言えます。「死」という事実を受け止める。私たち人類が積み重ねてきた、「大切な人の死」をしっかりと受け止め、そして心の整理をする方法が「お葬式」です。
 
私たち人類は、文明以前から「死」を前に、何らかの感情を抱いていたはずです。それはおそらく「畏怖」「恐怖」「畏敬」などという言葉で表せるのではないでしょうか。人類は「命がなくなる」ということについて、長い間、考え続けてきました。
 
  • 宗教における「死」の考えかた
人類が文明を手に入れる前の葬儀は、死者の周囲を花で飾るなどのシンプルなスタイルだったようです。現在のイラク北部で、葬儀跡と思われる遺跡が見つかっています。約6万年前のこととされていますが、埋葬の方法など、詳しいことは推測の域を出ません。人類が文明、文化を手に入れた後、「死」は宗教により、さまざまな解釈をされるようになります。
 
  • 古代エジプト人の死生観
エジプトはピラミッドで知られる国ですが、そのピラミッドからはミイラが見つかっています。古代エジプトでは、「人には魂があり、死によって魂は体から離脱する」と考えられていました。ただ、古代エジプト人の考え方にはまだ続きがあります。この魂の離脱は一時的なもので、魂は同じ体に戻ってくると考えられていました。そのため死者の体をそのまま残しておいたのです。
 
エジプトでのミイラ作りは、エジプト神話の影響によるものとされています。人間のミイラだけでなく、神の使いとされた動物たちもミイラにされました。
 
  • 聖書における「死」
聖書においては「死」は何もできない状態です。ただ、「復活」することもあるとされていて、イエスもその一人です。
 
キリスト教では「死」は罪。アダムとイブが神から離れた罪。しかし、イエスを信じるとこの罪は消え「復活」するそうです。
 
私たちは「死」を「天国に行く」と表現することがありますが、これはキリスト教的な考え方だと言えます。キリスト教の多くの宗派では、葬儀の際に「昇天」「召天」などの言葉を使います。
  •  
日本の仏教における「死」
日本の仏教では「死」について、宗派によりさまざまな考え方があります。
 
「肉体は死と時を同じくして滅びるけれども魂は残る」
 
という考え方が多数派でしょうか。
 
仏教徒が亡くなると、私たちがよく知っている「他界」「往生」などの言葉を使います。これは輪廻転生の考え方にそったものです。
 
  • 日本の神道における「死」
神道では「死」をタブーと考えてきました。そのため、神式の葬儀は「聖域」である神社では行いません。ただ、日本では神道の世界観から生まれた「帰幽」「冥土の土産に」などの表現をよく使います。日本神話では、死者の世界とされる「黄泉の国(よみのくに)」に行くことが「死」と考えられたこともあるようです。
 
  • 古代インドにおける「死」
古代インドにおける「死」の考え方は、「肉体の消滅と魂の不滅」です。肉体が死ぬと魂の前には「肉体再生(輪廻転生)への道」と「ブラフマン(宇宙の根本原理)」への道があるのだそうです。
 
  • お葬式と「死」
これまで見てきたとおり、宗教により「死」についての考え方には大きな違いがあります。人間は「死」を前にすると、やはり「恐れ」を感じるのでしょう。それが誰の死であっても、自らの死であっても、誰もがこのような感情を覚えることは容易に想像できます。しかし、人間、いつかは必ず死にます。いくら宗教が救ってくれようが、救ってくれまいが、これは変わらない事実なのです。
 
それでも私たち人間は、死んでいくもののため、そして私たち自身のために「お葬式」をします。お葬式をすることで死者を弔いますが、それと同時に自分の心にも区切りをつけます。
 
亡くなった人の葬儀の夢を見ると、その人への思いが断ち切れていない証拠だと聞いたことがあります。夢判断を信じるわけではありませんが、たしかに興味深い考え方ではあると思います。
 
きっと私たちは、長い時間をかけて、「故人の今後」、そして「自らの心の整理」を考えて、葬儀の内容を作ってきたのではないでしょうか?それが各宗教、各宗派における葬式の作法なのではないかと思います。
 
現代の日本で行われている仏式葬儀は、一昔前と比較すると簡略化されています。お通夜は短くなり、一日葬というシンプルな葬儀の場合、お通夜は省略されます。時代とともにお葬式の形も変わっていく。このような変化は昔にもあったはずです。時代が要求する変化だけではなく、我々人間の心の変化が葬儀の形や流れを変えることは、十分に考えられます。


東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・兵庫で葬儀・葬式

東京の僧侶派遣

お坊さん派遣 東京

お坊さん派遣 千葉

戒名・戒名授与